PINARELLO DOGMA F10 DISC 948 SHADE BOB フレームセット

2019モデル | PINARELLO | セール | フレームセット | ロードバイク

【付属品】
フラットマウント台座、F100x12/R142x12mmスルーアクスル、AIR8フルカーボンシートポスト付属、エアロヘッドセット付属
※MOst エアロステムは別売りです。

新しいDOGMA F10 DISK のONDA フォークは、フロントセクションの剛性アップのためにスルーアクスル仕様にアップグレードされました。FORK FLAP 邃「は、フラットマウント・ブレーキキャリパーに適合するようデザインされています。リア・ホイールは、制動中の最高の応答性と安定性のために、142x12mm スルーアクスルが採用されました。

フレームは、DOGMA F10 が持つすべての特徴を有しています。DOGMA F10 とディスクブレーキの統合は、DOGMA F10 が持つ最先端デザインをさらに高め、フォーククラウンやバックステーをブレーキダストで汚すこともありません。

2017年1月10日、イタリア・ピナレロ社は、DOGMA F8の後継モデルとなる最新のDOGMA 「F10」を発表、2017年1月15日から開幕したツアー・ダウンアンダーにてデビューしました。「DOGMA F10」は、DOGMA F8をさらに進化させたエボリューションモデルです。

DOGMA F10には、日本の東レが開発した現時点で最高の強度と剛性を持つ「TORAYCA T1100G」カーボンファイバーを、使用する樹脂量を最小限に抑えたプリプレグとして使用しています。細心の注意を払いレイアップされるカーボン・プリプレグにより、DOGMA F8と比較して7%の剛性アップと、6.3%の軽量化の実現に成功しました。 DOGMA F10は、F8と同じマテリアルを使い、大きくデザインを変化させることなく、オールマイティな性能を持つフレームとしてはフレーム単体で820g(53サイズ・塗装前)を実現しています。

フロントフォークは、BOLIDE HR由来のドロップアウトに整流効果を持たせるフィン「フォークフラップ」を装備。ダウンチューブには、新型Di2ジャンクションを埋め込むeLinkシステムを導入、エアロダイナミクスと利便性の向上を両立させました。また、BOLIDE TT同様にボトルケージ周辺を少し横に張り出し、コンケーヴ(凹型)状のリブを持たせて、ボトル装着時のエアフローが最適になるようデザインされています。

シートチューブには、空気抵抗の軽減を優先させる場合に使用する下側のボトル台座を追加。ボトル2本を装着した状態で、F8と比較して12.6%の空気抵抗軽減を実現。フロントディレイラー台座は、TTレース時などにエアロダイナミクス性能を向上させるため、取り外し可能となっています。

荒れた路面でもしっかりシートポストを固定する信頼性の高い「TWIN FORCE」クランプシステムはF8から引き継いでおり、シートポストはF8と同じFLAT BACKデザインで、Di2バッテリーが内蔵できる「AIR8 フルカーボンシートポスト」が付属します。セットバックタイプが標準で、ゼロオフセットもオプションで用意されます。

【INFI店長コメント】
ピナレロのハイエンドモデル[ドグマF10]
2017シーズン、2018シーズンのツール・ド・フランスを制覇した正統派ピュアレーシングフレームです!

定価:(税別)¥700,000
セール価格:(税別)¥550,000
ブランド PINARELLO
モデル DOGMA F10 DISC
カラー 948/BOB
サイズ 51.5(適応身長163-174)※目安
URL [メーカー詳細情報]