SRP vol.039 乗鞍往復ヒルクライム

SRP(サンデーライドプロジェクト)夏編。乗鞍往復ヒルクライムレポートです。

今回はINFI店長の悲願の乗鞍ヒルクライム。しかも長野側、岐阜側の両ルートを一気に制覇する通称[往復ビンタ]を敢行!

■ ログ

走行距離:85.25km
獲得標高:2,605m
コンディション:長野22℃→山頂15℃→岐阜35℃→山頂11℃(霧)
天気は快晴☀で全般的には絶好のサイクリング日和でしたが岐阜側からのクライム前半は灼熱地獄でした。

■ スタート

総勢6名参加
乗鞍観光センター集合。まずは長野側マウンテンサイクリングin乗鞍のコースをクライム。

実は乗鞍は初登頂。ヒルクライムコースとしては非常に完成度が高い印象でした。

【コースプロフィール】
・序盤
3~6%のダラダラした上りが続く。レースやTAならペースアップしてタイム短縮狙える区間だが後半の激坂を考慮し飛ばし過ぎ注意。

・中盤
所々10%超の激坂区間出現。九十九折なので登りやすいがキツイ箇所は我慢しつつ緩斜面で一気にペースアップ!

・終盤
森林限界超えたあたりから酸素が薄く、呼吸が浅くなる。勾配も10%超がさらに増える。耐えながらゴールを目指せ!

■ ゴール

各自のペースで全員無事ゴール!

■ ランチ

バスターミナル隣接のレストランにてランチ。
写真はご当地名物[朴葉味噌定食]¥1,100と観光地価格設定。味噌がかなりしょっぱいのでご飯のペース配分に注意。(なんのこっちゃ)

■ 乗鞍スカイライン 下り

山頂にてメンバー2名が離脱し4名にて岐阜高山へダウンヒル。


個人的には長野側より景色が良い印象。
ダウンヒル中にアクシデント発生!なんと沿道に[熊]が出没🐻ほんの数m先で木の実だか葉っぱをもぐもぐタイム。幸い下りだったので一気に通過したが…

【コースプロフィール】
・序盤
ほおのき平スキー場から上り始めからいきなり12%の激坂!マイカー規制入口まではほぼ全区間10%超え。

・中盤
マイカー規制からは5~8%の決して緩くはない勾配区間。ほとんど日陰もない灼熱地獄のためこまめに水分補給を。

・終盤
九十九折区間から再び10%超と激坂区間。森林限界からは酸素も薄く、遮蔽物がないので風も強くなる。気温はグッと下がるので少し楽かも?

余談
下りで目撃した[熊]に再び遭遇🐻今回はパトロールの車にガードされつつ青色吐息で通過。

■ 2度めのゴール

2本目とはいえ、距離が短い分平均勾配がキツく、なんとか登頂といった感じ。予報通り濃い霧に覆われ魔界状態👿

【総括】
初乗鞍にしていきなり[往復ビンタ]を敢行。正直なめてました。距離、獲得標高的にツーリングでも走ったことある数値だったので余裕だと思ったのが甘かった。岐阜からのスカイラインがあそこまでエグいとは。

今後[乗鞍往復ビンタ]をかます予定の方、心してかかってください!

情報提供:長野 自転車 スポーツサイクル 乗鞍 CYCLE INFINITY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)