My Bikes vol.043 RIDLEY FENIX 6800

最近めっきり増えてきたRIDLEY(リドレー)の快適モデル[FENIX]ご紹介

石畳のクラシックレースでもプロが認めた
ハイブリッドオールラウンドフレーム


カテゴリ:ROAD
ブランド:RIDLEY
フレーム:FENIX
コンポ:shimano ULTEGRA 6800(2×11s)
ホイール:MAVIC KSYRIUM ELITE S
ペダル:LOOK Keo easy
ウェイト:7.77kg(ペダル/付属パーツ含む)

石畳のクラシックレースでロット・ベリソルの選手達も使用したプロレベルハイブリットフレームです。名車として名高いダモクレスからのフィードバックによる「ダイアモンドシェープ」を採用し迫力のあるエクステリアは圧巻です。ダウンチューブはヘッドチューブ側の接合部を縦に、BB 側の接合部は横へ変形させ接合部分を増やすことにより剛性を上げ、各部分にかかる力を推進力に変換します。ヘッドチューブには上側1-1/8、下側1-1/2 インチの上下異径のヘッドパーツを採用しハンドリング性能を向上させ、さらには剛性強化によりブレーキングによるたわみも抑えることにより、高い制動力を実現しています。根元付近でベントされたフロントフォークはパヴェ等の荒れた路面でも振動を吸収しよりスムーズな走行を可能としています。ボリュームのあるヘッドチューブ、ダウンチューブ、トップチューブのフロントセクションに対し、リアセクションはヘリウムからのフィードバックによるシートステーを採用。中央部分を横方向に薄く扁平加工させることで振動吸収を向上させています。高剛性でありながら振動吸収性を見事に融合させたオールラウンドフレームです。

■ ドライブ

アルテグラ6800フルコンポ+セラミックBBをインストール。少しでもケイデンスを稼ぐ。ペダルには以前から使用して慣れているLOOK Keoをチョイス。ホイールは軽量なキシリウムエリートで足回り軽量化もバッチリ( ´∀`)bグッ!

■ コックピット

ハンドル周りはポジションが出るまで廉価グレードで様子見。バーテープをレッドにして攻撃的なイメージに!やっぱり新車はいいですね。

総重量がなんと7.77kg(トリプルセブン)でなんとも縁起の良い、ヒルクライムを中心にサイクルライフを楽しむS氏のNewバイクです。もちろん、車坂ヒルクライムもエントリー済み!お互いにトレーニングを積んでレース当日お会いしましょう!

情報提供:長野 自転車 スポーツサイクル RIDLEY – CYCLE INFINITY –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)