待望!ガーミン Newパワーメーター リリース!

パワーメーターの先鞭ブランドGarmin(ガーミン)より待望のNewモデルがリリースされました!

以下cyclowiredより抜粋


昨今各ブランドが参入してきたペダル型パワーメーターという分野だが、その先鞭をつけたのが2013年に発売されたガーミンのVectorシリーズだった。ペダリングパワーをダイレクトに受けるペダル部を計測ポイントとする合理的な発想と、装着する自転車を選ぶことのない汎用性を武器に支持を受けてきたVectorシリーズは、ペダルポッドの内蔵やBluetooth対応など、2度のフルモデルチェンジを重ね時代に合わせて進化してきた。

今回、その後継機となる完全新作として登場したのが”Rally”だ。前作となるVector3からの最も大きな変更点がシマノ SPD-SLに対応したこと。手に入りやすく、耐久性にも優れた市場にあるペダル型パワーメーターが、全てルックKEOクリート対応モデルのみである現状に風穴を開ける存在となりそうだ。



前作よりも少し丸みを帯びたデザインに



ペダルアクスルにセンサーや通信ポッドが内蔵される。防水のためヘックスレンチは使用不可

更に、前作でしばしば起きていた接続などのトラブルについても、バッテリーカバーの通電バネの強化によって通電性を大幅に改善し、動作の安定性を飛躍的に向上させたことも大きなポイントだ。さらに、バッテリーカバーの本体側のネジ部を樹脂からステンレスに変更、長期間の使用でも安心できる強度を実現している。

一方で、前作の大きな特徴であった±1.0%という高い計測精度やサイクリングダイナミクスの分析といった高度なデータ計測機能はそのまま。特にペダルのどこを踏んでいるのかを把握できるプラットフォームセンターオフセットはRallyならではの機能だ。



電池は変わらず交換式。LR44もしくはSR44を4つ、またはCR1/3Nを2つ使用し、最大120時間駆動する。バッテリーキャップが設計変更され安定性を飛躍的に向上させたという


【主な仕様】
ガーミン RALLY RS/RK
対応クリート:RS シマノSPD-SL、RK ルックKEO
測定精度:±1.0%
Qファクター:53mm、55mm
スタックハイト:12.2mm
対応電池:LR44/SR44(x4)、CR1/3N (x2)
稼働時間:最大120時間
耐荷重量:105kg
重量:RS200 320g、RS100 326g、RK200 326g、RK100 334g
付属品:クリート、クリート用ネジ、クリート用ワッシャー、アフターサポートカード、クイックスタートマニュアル
価格
・RS200/RK200(両側)¥140,800
・RS100/RK100(片側) ¥86,900
・アップグレードキット ¥75,900
・交換用ペダルボディ    ¥13,200
・クリート         ¥3,300

シマノSPD-SLにも対応となり、シェアが拡大しそうです。
現在絶賛予約受付中!正式販売は2021/4/1(木)です。パワーメーターをご検討の方はお気軽にご相談下さい

情報提供:長野 自転車 スポーツサイクル GARMIN CYCLE INFINITY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)