小説 [サクリファイス]の続編 [エデン] ご紹介

サイクリストの皆様は[スポーツの秋]を満喫してると思いますが、秋の夜長に読書はいかがでしょうか?

本ブログで以前にご紹介した自転車レースを題材とした小説[サクリファイス]の続編にあたる作品[エデン]のご紹介です。
ちなみに今回もINFINITYメンバーM氏にお借りしました。
※またしても借りっぱなしですみませんでしたm(__)m


エデン 近藤史恵 著

【内容紹介】
ひとりの栄光の陰に、たくさんの犠牲がある。
でも、もう迷わない。いま立っているこの場所こそが、僕にとっての「楽園」なのだ――
サイクルロードレースの世界を描ききって大反響を呼んだミステリ長篇『サクリファイス』、待望の続編が登場!

前作『サクリファイス』のラストから数年後。フランスのチームで走る白石誓(しらいし・ちかう)は、世界最大のロードレース、ツール・ド・フランスに挑むことになった。日本人としては二人目となる快挙である。

だが、レースの開始直前になって、衝撃的なニュースがもたらされる。スポンサーが降りて、このチームは今期で解散が決まったというのだ。今後、別のチームとの契約が取れるかどうか、気をもむ選手たち。

そして少しずつ、チーム内に不穏な空気が流れはじめる。新しいスポンサーを見つけてチームの存続を図るため、監督は選手たちに、ある工作をするよう、内々にもちかけているらしいのだ……。

レースは興行であり、プロスポーツは職業である。スポンサーなくして興行は成り立たない。だが、スポーツとは、そういうものなのか?

興行とスポーツマンシップとの狭間で揺れる心に追い討ちをかけるように、レース終盤で事件が起こる。
誓はそこでまた、ロードレースの深淵を覗き込むことになる――。

前作[サクリファイス]はミステリー要素が強かった作品ですが、今作はツール・ド・フランスを舞台にプロチームの裏側や選手間の交流や思惑を描いた作品になっています。自転車レースがわからない方でもサラッと説明されているので読みやすいと思います。
おすすめの小説です。
続編に[サヴァイブ][キアズマ]をリリースしていますのでそちらもcheck it out!

情報提供 : 長野 自転車 エデン スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)