久々外ライドレポート&ベースレイヤー インプレ

例年だと三寒四温で徐々に春が近づきつつある季節のはずなのに[寒]続きの長野ですが、どピーカン+室内トレーニングに飽きてきた(飽きるほどやってはいないが…)ので久々に外ライド!

■ ログ ■
・ルート:坂中峠(トンネル) – 浅川ダム – 地附山(ゲート)
・気候:晴天/-3℃ ~ 0℃
・走行距離:23.56km
・獲得標高:592m

■ 坂中峠

■ 浅川ダム

■ 地附山

写真で分かる通り、天気は良いものの一面雪景色。路面は路肩に積雪があり幅員減少、さらに雪解け水+塩カル、日陰は凍結とお世辞にも良いコンディションとは言い難い状況。登るごとに気温も下がり、下りは頭痛が伴う極寒地獄(x_x)

今回はシクロクロスでの出撃でしたがロードはちとキツイか?山での練習はまだ早かったかも…早く春よ来い!!

【ベースレイヤーインプレッション】
ここからちょっとアイテム紹介になります。
以前ご紹介した[MAVIC]のベースレイヤー(インナーウェア)を今回のライディングで使ってみたので簡単なインプレッション。


MAVIC コールドライドプラス ロングスリーブTシャツ
¥12,000+税
アイテム詳細 → MAVIC COLD RIDE+LS TEE

仕様はアイテム詳細をご覧いただくとして、ザックリご説明するとメリノウールという素材がが保温効果と吸湿速乾性を飛躍的に高めています!
【今回の使用条件】
・ベースレイヤー(MAVIC コールドライドプラス ロングスリーブTシャツ)
・LSジャージ
・アウタージャケット
3枚着た状態でINFI店長も「ほかのインナーとそんなに大差ないだろう」と高を括っていざライディング・・・

なるほど!これは違う!!気温が低いとはいえ、上りではそれなりにエネルギーが生じて当然汗もかく。となれば下りでの[汗冷え]が発生するわけですがこのベースレイヤーには一切それがない!ライディング時の発汗する場所の接触面積を広げることで吸汗性、同時に速乾機能も高めている。それにより常にサラサラな状態を保つことができ、いわゆる[汗冷え]を抑え、体温を一定に保ってくれる。

結論:メチャクチャ使える!!

¥12,000+税とインナーウェアとしてはハイコストですが、前述通りの機能性と性能を持ち、さらには自転車以外にもスキー・スノボなどのウィンタースポーツや登山・トレランなどにも幅広く使える超オススメ万能ウェアです!

今ならお試しキャンペーン価格¥12,000+税¥10,000+税にて限定販売中!1枚持っていて損はありませんのでご興味ある方は是非!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)