ツール・ド・八ヶ岳 参戦レポート

先日開催された[ツール・ド・八ヶ岳]に参戦してきました!


■ コースマップ
メルヘン街道(国道299号)を佐久穂町側から麦草峠まで25km/獲得標高1,300mを上る国内ヒルクライムレースとしては屈指のロングコース。

■ 開会式

総参加者約1,300名。(INFINITメンバーは6名参戦+新人カメラマンSっち)
近年まれに見る良コンディションでの開催!う~んやっぱり晴れ男(山田方面除く)INFI店長のおかげか( ̄^ ̄)
写真は大会競技委員長マトリックスの安原監督の演説中。

■ レース (撮影:Sっち)

参戦メンバーでは最速K川氏。年代別トップ集団で走行。


最近メキメキ伸びてきたS本氏。ロングヒルクライム初参戦。


コダワリのアルミフレーム(CAAD12)を駆るT澤氏。


ひとりサイクリング気分のINFI店長 ※詳細は後述


INFI店長ライバルW林氏。表情が魂抜けかかって…


生粋のロード乗りK村氏。悔しいけど抜かれましたヽ(`Д´#)ノ

■ ゴール

トラブル無く全員無事完走!
標高2,100m寒い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

■ 振る舞い

ハーフコースゴールの八千穂高原スキー場で振る舞われたきのこ(なめこ)汁。下山前に体を温める。

■ コースイメージ ※走行後のINFI店長主観による
・スタート~4km
序盤の足慣らしとしては最適な2~6%程度の緩斜面。アップゾーン

・4~12km
4km付近から急に斜度が上がる。先の緩斜面で心拍上げていないと一気にキツくなる。斜度も7%~11%と急勾配では10%超も出現。やめたくなる第一ポイント(;´Д`)

・12~17km
少し勾配が和らぎ(3~8%)、心拍が安定してきたことも助け「俺速ぇぇーーー」と勘違いできるゾーン。途中にハーフコースのゴールを通過するため観客・応援多し。テンションMAX!!

・17~22km
さっきのテンションが勘違いだったことに気づくやめたい度MAXの地獄ゾーン。勾配も徐々に上がっていき、ふたたび10%超も頻発。ゴールはまだか!!!

・22km~ゴール
無心ゾーン。ある意味悟りの境地。ゴールするしか苦痛開放の道はない…

■ 総括
20kmオーバーのヒルクライムへは初参戦だったINFI店長。上りきった最初感想は「とにかく長い!疲れた!」でしたが、帰りの準備をしながら冷静になってくると徐々に「もっとやれたんじゃないか?」という思いが湧き上がってきました。

長いコースだからと序盤からバンバン後続に抜かれまくったにも関わらず「平常心、自分ペース」と言い聞かせペースアップせず出しきらないまま終わった感じ。心拍も170(80%)前後のまま維持。不完全燃焼…

レース走行中の写真を見てもオチャラケているのは自分のみでどこか真剣さに欠ける。思えばスタート前も悪い意味で全く緊張しなかったんです。キッカケはあくまで[車坂ヒルクライム]の調整として参戦したにしても練習量の割にあまりに情けない結果となり、後悔しています。

今回の反省を活かした走りを実現できるようさらに精進していきたいですね。待ってろ、車坂!(悔しいから嬬恋ヒルクライムも参戦しようかな…ボソッ)

今回参戦したメンバー各位、カメラマン参加のSっちさん、お疲れ様&ありがとうございましたm(__)m

情報提供:長野 自転車 八ヶ岳 スポーツサイクル – CYCLE INFINITY –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)